温泉

温泉

片山津温泉随一の湯量と泉質

 
  • Photo
  • Photo
  • Photo

かのや光楽苑の温泉は、片山津温泉内でも随一の湯量と泉質を誇ります。
お肌にも優しく、湯冷めしにくく、さらに湯上り時にはツルツル!とお客様から大変好評をいただいております。

加水・加温をほとんどすることが無いため、
天然温泉の恵みそのままをたっぷりと楽しめる、「元湯の宿・かのや光楽苑」の自慢の温泉を是非ご体感ください。

温泉自慢・かのや光楽苑の
2つの特徴

片山津温泉の各旅館には、街の中心にある配湯所より温泉が配られております。 当館はその配湯所にも近いため源泉温度も高く、また配湯される源泉の量もトップクラス。
もったいない話ですが、適正温度を保つため源泉を捨てる事もあります。

たっぷりの天然温泉をより肌で感じて頂くため、当館では加水・加温をほぼおこなわず、「元湯」を楽しんでいただけるようにしております。
※浴槽内は衛生管理上ろ過循環しております。
塩分濃度が濃い温泉となるため、湯上り後も体のポカポカが長く一方で、温泉から上がってすぐに石鹸やシャンプーを使っても泡立ちません。
一旦、シャワーでタオルや身体を流してからご利用くださいませ。

豊富な湯量を活かし、露天風呂では飲泉もでき、朝食時は自家製の温泉玉子をご賞味いただいております。

源泉かけ流し

「ナトリウム・カルシウム塩化物泉」が特徴の片山津温泉は、少し強めの塩分のため、お肌からの吸収も良く、お肌のアミノ酸と結びつき、皮膚に保護膜を作ることから、湯上り後もポカポカが長く続きます。とくに寒い冬期は、湯冷めのしにくさ・保温時間の長さが実感できるかと思います。

源泉の量が豊富なため、片山津温泉内でも数少ない「飲泉」も可能なお宿です。飲用すれば「胃腸の湯」と言われるほど慢性胃腸病に効果があるといわれています。

泉質 ナトリウム・カルシウム塩化物泉 ~72度
効能 胃腸、筋肉痛、神経痛、外傷、婦人病、皮膚病、痔、火傷、冷え性、便秘、五十肩、打身…

男性大浴場

蓬莱の湯

蓬莱の湯

庭園露天風呂

庭園露天風呂

寝湯画像

寝湯

女性大浴場

白鷺の湯

白鷺の湯

庭園露天風呂

庭園露天風呂

寝湯画像

寝湯

温泉ご利用案内

利用時間 14:30~翌1:00、5:30~9:50
※ご宿泊の方は、無料にてご入浴いただけます。
大浴場アメニティ 男湯、女湯共に各種アメニティをご用意いたしております。
【共通】
シャンプー、リンス、石鹸、化粧品、ドライヤー、くし・ブラシ、カミソリ、冷水ポット
【女性風呂のみ】
化粧水・乳液・コットン・シャワーキャップ

日帰り、立ち寄り湯

入浴料 大人:800円 お子様:500円
(バスタオル・フェイスタオル付)
ご利用時間 14:30~20:00受付まで

日帰り・立ち寄り湯もぜひお気軽にご利用ください!

湯上りのお楽しみ

温泉卓球

温泉卓球

温泉の楽しみと言えば、定番の温泉卓球!
※事前予約制、有料となります。


営業時間:15:00~22:00、8:00~10:00

美術工芸サロン風呂

美術工芸サロン

1階に構えられている美術工芸品の展示スペース。 石川の伝統工芸品などがずらりと並んでいます。

ビール画像

湯上りひとくちビール※現在休止中です※

湯上りに飲む冷た~いビールは格段においしいです。 湯上り後すぐ近くの喫茶「辻ヶ花」にて飲むことが可能です。


■15:00~18:00まで 400円にて ※通常662円

温泉へのこだわり ~館主の温泉あれこれ~

温泉イメージ

「湧きたて」の温泉の恵みを楽しんでいただきたい

当館、かのや光楽苑の大浴場に注がれる源泉は、片山津温泉の街の中心地にある配湯所から引いております。
当館はその配湯所に最も近い一軒のため、送られてくる源泉の温度も高く、また配湯される源泉の量もトップクラス。
つまり、いつでも湧きたて・新鮮な温泉に入浴いただける、ということなのです。
温泉の恵みをできるだけそのまま感じていただきたいので、温度を調整する際にも、水を加えたり(加水)、お湯を温めたり(加温)などは極力行ないません。
昔ながらの方法ですが、浴槽に注ぎ込まれる源泉の量を調節することで、温度調整を行っております。
ザブンと身体を沈めたときに、思わず「あぁ~気持ちいい!」と言っていただけるよう、日々つとめております。

 

「気持ちいい」温泉の秘密は、温泉成分にあり!

なぜか当館の温泉にお入りになったお客様は、皆さま「気持ちのいい泉質」とおっしゃる方が多いように思います。
この秘密は、実は温泉成分を紐解くことで見えてくるものがあります。
当館の温泉の泉質は「ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(高張性・中性・高温泉)」ですが、「高張性」ということにご注目。
これは、温泉成分が体内に染み込みやすい半面、身体の水分が奪われやすいことを意味します。
当館の温泉に溶け込んでいる温泉成分は、温泉1kg(1リットル)中14,580mg、つまり14.58gです。
自宅の浴槽に入浴剤を入れるときは普通1袋かと思いますが、浴槽に入るお湯の量が200リットル、市販の入浴剤が1袋20g入りだとすると、約145個分(!)の入浴剤が浴槽に溶け込んでいる計算となります。
成分の濃~いお湯につかることで、身体に温泉の恵みが浸透していくことが実感いただけるかと思います。

 

美肌効果も!最近注目の成分「メタケイ酸」

当館の温泉には、メタケイ酸も温泉1kg中100.6mg含まれております。メタケイ酸は、肌の新陳代謝を促し、つるつるな肌へと導くといわれる、美肌効果への期待度が高い成分です。
塩化物泉の殺菌効果もあるため、よく「傷の治りが早い」といわれるのもこのためかもしれません。
さらに塩化物泉は皮膚表面に膜を作り、湯上りの体温が下がることも防いでくれる嬉しい泉質。メタケイ酸の組み合わせで、湯上りの肌のしっとり感とポカポカ感をサポートします。